【重賞データ公開】 9/24(日)神戸新聞杯、オールカマー

今週はダービー馬の秋始動戦、そして天皇賞路線の重要ステップレースと、秋のG1に向けた注目のレースが行われます。

ランク付けは下記の通りです。
「A」 買える馬  (期待回収率90%超)
「A’」 AとBの中間 (同 約85%)
「B」 平均的な馬 (同 約80%)
「B’」 BとCの中間(同 約75%)
「C」 危険な馬  (同 70%未満) 

期待回収率が高い  A → A’ → B → B’ → C 期待回収率が低い
参考実績は先日の記事をご覧ください。

2017/9/24(日) 阪神11R 神戸新聞杯(G2) 芝2400m

1 メイショウテンシャ 藤岡佑介 B’
2 サトノアーサー 川田将雅 B
3 ダンビュライト 武豊 B
4 ベストアプローチ 岩田康誠 B
5 キセキ Mデムーロ A’
6 アダムバローズ 池添謙一 A’
7 タガノシャルドネ 和田竜二 C
8 レイデオロ ルメール C
9 マイスタイル 横山典弘 B
10 ホウオウドリーム 藤岡康太 B’
11 カデナ 福永祐一 B’
12 エテレインミノル 北村友一 A’
13 タガノヤグラ 藤懸貴志 C
14 アドマイヤウイナー 秋山真一 B

何といってもダービー馬レイデオロに注目が集まりますが、期待回収率的にはC評価と非常に低い評価となりました。前売りオッズでは単勝2倍を超しており、断然の実績の割には意外についている感もありますが、果たして結果はどうでしょうか。


人気どころではキセキがA’評価なのですが、実績に比較しずいぶん人気になっている感はあります。本評価によるランク付けは、事前に取得できるデータを基にした機械的な判定であり、当日のオッズは全く考慮しておりません。クラシック路線組ながらあまり人気のないのダンビュライトやマイスタイル、ベストアプローチあたりにも(3頭とも、システムの判定としてはB評価ですが)注目してもいいかもしれませんね。

2017/9/24(日) 中山11R オールカマー(G2) 芝2200m

1 パリカラノテガミ 田中勝春 C
2 アルバート 石橋脩 B
3 ショウナンバッハ 柴田善臣 C
4 ブラックバゴ 内田博幸 B
5 グランアルマダ 津村明秀 B’
6 ルージュバック 北村宏司 A’
7 ディサイファ 柴山雄一 B
8 ステファノス 戸崎圭太 B
9 タンタアレグリア 蛯名正義 A
10 マイネルミラノ 柴田大知 A
11 マイネルサージュ 松岡正海 B
12 デニムアンドルビー 吉田隼人 B’
13 マイネルディーン 三浦皇成 C
14 モンドインテロ 田辺裕信 B
15 カフジプリンス 丸田恭介 A’
16 ツクバアズマオー 吉田豊 B
17 トルークマクト 大野拓弥 C

快勝したAJC杯と同じ舞台のタンタアレグリアが休み明けながら堂々のA評価。他の人気どころも軒並みB評価以上ですので、タンタアレグリアを軸に、上位人気でまとめたいレースです。

シェアする

フォローする