データ解析による対象馬の勝率・回収率(3)

ここ何週かの対象馬公開でもおわかりのように、1レースに複数の買える馬・または危険馬が存在するケースも発生します。
そこで、データ解析による対象馬の勝率・回収率で示したものと同じ期間(ブログ公開前)で、買える人気馬・危険な人気が1レースに複数頭いた場合に、その組み合わせでの馬連・ワイドの回収率がどのようなものになるかを算出してみました。

対象期間:2016年1月~7月21日まで(ブログ開始前まで)
最終単勝オッズ 1.0~10.0倍に限定  (1着-2着-3着-着外)
【買える人気馬】同士の組み合わせ
該当レース数 549レース
総買い目数  775点
馬連的中レース数 94レース 回収率 109.2% レース的中率 17.1%
ワイド的中レース数 178レース 回収率 99.2% レース的中率 32.4%

【危険な人気馬】同士の組み合わせ
該当レース数 438レース
総買い目数  552点
馬連的中レース数 13レース 回収率 28.3% レース的中率 3.0%
ワイド的中レース数 45レース 回収率 50.4% レース的中率 10.3%

上記のように、買える馬同士は馬連では回収率100%超え、ワイドもほぼ100%と非常に優秀な結果です。
逆に危険馬同士は、単複の回収率である60~70%程度よりも更に回収率が悪化しており、非常に割に合わない馬券であると言えるでしょう。(馬連は理論値よりもちょっと低すぎる感はありますが)

1レースに複数いるというケースは決して多くはないため、活用できる機会は限られますが、とはいえこの選別が決して単複のみでなく、他の券種でも有効であることを示すデータにはなっているかと思います。

ブログ開始後でも、8/6(日)小倉12Rの買える馬ワンツーフィニッシュなどの実例も早速出ておりますので、今後の推移についても期待を込めながら見守りたいと思います。

シェアする

フォローする